copyright (C) Higashinari Kawamutsu Gakudo. All Rights Reaserved.

よくある質問

Q:

学童保育と、小学校の「いきいき活動」とはどうちがうの?

A:

「いきいき」はすべての子どもを対象にしたあそび場です。

 

がくどう保育所は、働くお父さんやお母さんの就労を保障し、何よりも子どもたちにとっての生活の場であり、異学年と一緒に過ごすことで「思いやり・協調性・自主性・責任感・自己管理の習慣」が自然と身に付き、社会生活する上で必要になる「生きる力」を身につけていきます。

また資格を持つ常任の指導員が、子どもひとりひとりに寄り添い、保護者と協力し合い子どもたちの成長を支えています。

Q:

習い事には通えるの?

A:

学童では、習い事による途中抜けや早帰りをすることができます。
また、習い事が終わった後、また学童へ帰ってくることもできます。

かわむつ学童でもいろいろな習い事をしている子どもたちがいます。

「今日はあのお菓子を用意しておくよ!」
「帰ってきたらめいっぱい遊ぼうよ!」

 

指導員や他の子どもたちから、自然とそのような声がかけられる場面も日常のひとコマです。

帰ってこれる場所、迎えてくれる人がいるということは、子どもたちにとって安心できるとても大切なことだと私たちは考えています。

*学童外での活動については自己責任となりますので、危険のないように保護者とお子さんできちんとしたルール作りをしてください。

*指導員による送迎はありません。

Q:

帰る時にはお迎えが必要ですか?

A:

保育終了後、自分で帰ることのできる子はひとりで帰ることができます。方向が同じ子と時間を合わせて帰ったりと、保護者の方と相談をして対応しています​。

Q:

保護者の活動が大変そう…。

A:

かわむつ学童は保護者で運営を行っています。

 

行事ごとの計画や進行などは、指導員と協力しながら進めていきます。

 

幼稚園や保育園とまずそこが大きく違い、はじめは戸惑われるかと思いますが、ひとりひとりができる範囲で、みんなで協力しあっているので心配はいりません。

 

かわむつ学童では毎月1回 保護者会を開き、さまざまな報告や取り決めを保護者みんなで行っています。保護者会は堅苦しいものではありません。

 

出席できない場合は、後日メールなどで決定事項をお知らせします。子どもたちが安全で快適に過ごせるよう前向きに意見を出し合い、改善することのできる場でもあります​。

Q:

お迎えにいかないと子どもの様子はおしえてもらえないの?

A:

入所時に連絡ノートをお渡しします。子どもが学童の生活に慣れるまでは、指導員が毎日の様子を記入してお知らせするようにしています。

 

毎月の保護者会でも指導員から子どもの様子をお伝えし、みんなで子育ての悩みを話し合います。

 

指導員手作りの「かわむつだより」も毎月発行され、活動を共にする指導員の視線で「今誰とどんな遊びをしているか」「何を頑張っているか」などの様子がよくわかります。

かわむつ学童は10人前後と小規模であるため、保護者と異学年の子どもたちとの距離も近く、わが子以外の成長も自然と見守っていくようになってくるのも特徴です。

 

保護者同士の会話からも、子どもたちがどのように関わって過ごしているかを知ることができます。